小さな頃、母親がナゾの独自の歌を歌いながら乾布摩擦をしてくれてました。

この乾布摩擦は手軽にできる免疫力アップ法なんです。

末端(手先、足先)から心臓に向かってこすっていきます。
素肌の場合は素手で行うか綿のタオルで力を入れすぎないように。
素肌でなくても服の上からでもオッケー。

自律神経を整えて全身をリラックスさせ、免疫力が高まり、気の流れも良くなります。

トリートメントを受けている時もオイルを塗布するのでこすられ感はないように思えますが、直接手が皮膚に触れています。
穏やかな乾布摩擦。ですね。
この時、体内からはオキシトシンホルモンが出ます。オキシトシンはストレスを解消して幸せな気持ちになれるホルモン。
マッサージはこりをほぐすだけでなく、タッチングによっても緩むように、きちんと身体は反応するようになっているのですね。

お子さんのいる方はお子さんと、カップル、ご夫婦、おひとりでももちろん、触れている、触れるということを意識してみる時間を作ってくださいね。